>> NHK大学ロボコン2002の目次へ   >> RURのTOPページへ  
大会レポート

3/2  大会前日テストラン

 メンバー、ピットクルー6名+1で会場到着。梱包されていたロボットを急いで組み立てなおし、この日なんとか1回だけテストランに望むことが出来ました。心配していたフィールドの床は思いの他吸盤の吸い付きがよく、杉谷ランチャーは打ち出し成功、傘マシンも一発で成功。メカ見沢君は4個のボールを順調に得点、手動機はドライバーがちょっと緊張気味。・・・その日の夜の宿泊場所で、いかにすれば1分間でセッティングを完了できるのか打ち合わせをしました。


3/3  大会当日

 ○ 一回戦の相手は電通大。相手側が不調?だった為か、手動機3点、傘マシン+菊田λで4点、メカ見沢君で1点を得点し、8−0で勝利!残念ながら杉谷ランチャーは入らず。けど転倒しないで安定感がはるかに増していました。

 

 ○ 2回戦は豊橋戦。結果はメカ見沢君の1点しか取れませんでした。この日初めて傘マシンの関係上、リトライをしたわけですが、実は傘マシン担当者がバッテリー交換(充電)後にコネクターを接続するのを忘れたため、山頂スポットについた後に動作していませんでした。リトライでも動かなかったのは、その事実をピットクルーがメンバーに伝えられなかったこと。声はむなしいくもフィールドには届きませんでした。杉谷ランチャーは1回戦より早めに発射されましたが、暴発ではなく、1分後と開始直後という二つのモードがあったので後者を選択した次第です。結果的には優勝校と当たってしまったわけですが、豊橋さんの試合運び、技術等、学ぶべきことが多いように思えます。

以下は試合中の写真です

↑ 入場行進

↑ セッティング中

↑ セッティング前の準備

 

↑ 目標の1分以内のセッティング完了

↑ 山頂スポットを確保、傘を開いています

↑ 杉谷ランチャー発射後

↑ 手動機で狙いを定めています

↑ 試合中の遠藤さん

撮影: myo