機械屋報告書     

 

久木野 稔

担当:関節3(通称:肘)

 

今回はUFOキャッチャーの関節3(通称 肘)を担当した。今まで自分の経験は知ロボのみだったので、ギアのつけ方、スペーサーのつけ方、ベアリング、などなど技術的に学んだことが多かった。はじめ0.5mmのアルミ板を使用していたが、強度不足のため作り直しをするはめになった。この経験からなるべく頑丈にマシンを製作しようという気持ちがより強くなった。学祭というのはいつものように単にマシンを作れば終わりというのではなく、ルールや難易度などを考えなければならない。今回、それを事実上1日目に考えることになったので、次回からはそれも考慮に入れようと思った。